山崎拓巳著 強運が舞い込むとても小さな50のこと

      2016/03/21

IMG 0566

最近運気についてよく考える。

この本はどうしたら自分に運を引き寄せることができるかについてを50項目に分けて解説されています。

1つ1つの項目自体は4ページほどで終わるので、難しいことは全く書いてありません。

ただちょっとした日常の口癖や行動の習慣が大事になってくるようです。

本にもあるように誰でも1分あれば強運体質になれます。

あとは、やるかやらないかだけ。

 

 

Sponsored Links

 

 

 

山崎拓巳さんについて

 

1965年三重県生まれ。

「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして”メンタルマネジメント””コミュニケーション術””リーダーシップ論”など多ジャンルにわたって講演活動中。

並外れた話術とカリスマ性、斬新なビジネス理論で、男女を問わず多くの人々を魅了する。

著書には「やる気のスイッチ!」「がらっと」(サンクチュアリ出版)

「凄いことがアッサリ起こる44のルール」(PHP研究所)

などがあり、累計販売部数は110万部(2013年5月現在)を超える。

また出版以外でも、映像製作、絵画、イラスト、写真、音楽プロデューサーなど、幅広く活躍している。

 

 

 

 

この本について

 

この本は大きく分けて、4つのチャプターに分かれている。

 

1.運について「学ぶ」

2.運を「つくる」

3.運を「キープする」

4.運を「より強くする」

 

 

この本に書かれているもの全てを実行しなくてもいい。

それぞれの項目には関連性があると感じました。

そして、この項目全てが誰でもすぐに実践できる内容ばかりです。

 

大事なことは50項目のうち、1つでも実際の行動にうつすこと。

 

山崎さんは「1分で強運体質になる」と書いた。

「1分で強運になる」わけではない。

体質が変わった自分で行動するから、時間差で強運になっていくのです。

 

 

 

50項目のうち、1つの方法を紹介します 

 

これは本書の29番目に書かれている方法です。

 

運の悪い自分に腹が立つとき

 

 

思わず今日はついてないな。。と思うときがあると思います。

約束が急にドタキャンになった。

その帰り道、iPhoneを落として画面が割れてしまった。。

直そうと思ってアップルのショップに行ったが、いつまでたっても自分の名前が呼ばれない。。。

 

こんな日はどうしてもイライラしてしまいます。

「今日はついてないな。。。」と言ってしまうと、その日はそういう日になります。

言葉の力とはそれほどの力があります。

そして、イライラは次のイライラを誘発します。

 

そんなときにとっておきの「すてきな言葉」があります。

「っていうのはウソッ!」

だそうです(笑)

 

「今日はついてないな。。。。。っていうのはウソッ!」

これだけです。

これだけで、マイナスの流れを断ち切り、次のイライラを誘発しなくなります。

 

この本を読む前から自分は実践しているのですが、これは本当に効果絶大です!

友達をお茶をしているときに、急に「っていうのはウソッ!」と言うだけでその場が和んだりもします(笑)

 

 

 

最後の50個目が一番重要

 

最後に山崎さんは「ぶっとんだ夢」が必要だと書いています。

せっかく強運体質になったとしても、方向性がなければ運は働いてくれません。

人間の脳は自分の中で重要度が高いものだけにアンテナをはります。

また、常に現状維持をしようとします。

それでは人生はつまらないし、運だって上がりません。

 

そこからわざと外れるために「ぶっ飛んだ夢」が必要になってきます。

どれくらいの夢かというと、実現の方法すら分からない夢のこと。

できれば紙やノートに書くのがいいです。

 

 

人生に運は必要不可欠です。

おすすめです! 

 

 

 

 

 

Sponsored Links

 

 - Book
 -