iOSアプリ FlickStackrの使い方まとめ⇒iPhoneに写真を入れなくても写真を持ち歩けます

      2016/03/22

Flickr icon

前回MacのiPhotoとFlickrを同期する方法を書きました。

Mac上の写真をFlickrにアップすることになります。

ということはわざわざMacとiPhoneを同期させ、写真をiPhoneに入れる必要はなくなります。

今回はiOSアプリのFlickrの使用方法を書きます。

 

 

Sponsored Links

 

 

 

前回書いた内容

 

前回書いたエントリーはこちら

iPhotoでFlickrと同期させ、写真のバックアップ方法ということで書きました。

無料で1TB分の容量をもらえるので、バックアップにはもってこいです。

 

Mac iPhotoの写真のバックアップはFlickrが最適です⇒無料で1TB分の容量

 

 

 

 

使うアプリ⇒FlickStackr - Flickr (200円)

 

Flickr関連のアプリはいくつかありますが、今回はこのアプリを使います。

 

FlickStackr - Flickr

(2014.02.28時点)
posted with ポチレバ

 

 

 

 IMG 0492

 

 

 

このアプリはiPhoneやiPad両方に対応しています。

これでiPhoneやiPadからMacで共有させた写真を見たり、直接アップロードできるようになります。

直接デバイスに写真を同期するわけではなく、あくまでオンライン上の写真をみることになるので、

iPhoneやiPadの容量節約にもなります。

 

 

 

 

FlickStackr アカウントの追加をする

 

アプリを起動すると下記の画面がでます。

この画面から使い方を見ることはできますが、全て英語表記になっているので読むのは厳しいです。。

ここは完了ボタンを押して次の画面に進んでください。

 

IMG 0494 

 

 

 

ホーム画面

ここで「設定」ボタンを押して、アカウントの設定をします。

 

IMG 0497

 

 

 

設定画面

「アカウントを追加」を押します。

 

IMG 0498

 

 

 

アカウントの種類は「Flickr」を選択します。

 

IMG 0499

 

 

 

ログイン画面が出ますので、Yahooのアドレスとパスワードを入力します。

 

IMG 0501

 

 

 

ログインができると、アプリの承認画面が出ます。

「OK, I’LL AUTHORIZE IT」を選択して、承認します。

 

IMG 0502

 

 

 

次に自動アップロードの設定画面が自動で表示されます。

ここはiPhoneで撮った写真を自動でアップロードするかの設定画面です。

自分の場合、写真はMacから全てアップロードを全て行っていますし、

iPhone上のネットワーク環境を圧迫したくないので、ここのチェックは外しています。

 

IMG 0551

 

 

 

これでアカウント追加の設定は終了です。

設定画面でもアカウントが追加されているのが分かります。

 

 

 

 

 

これがホーム画面となります。

 

IMG 0505

 

 

 

 

FlickStackr上での写真の見方

 

インターネット上にアップロードした写真を見るので、当然ですがオフラインの状態では写真を見ることはできません。

「アカウント名(コレクション)」を選択すると、自分がアップロードした写真一覧を見ることができます。

 

IMG 0505 2

 

 

 

これが自アカウントのページ

「フォトストリーム」や「セット」があるのが分かると思います。

 

IMG 0537

 

 

 

「フォトストリーム」の画面

ここでは写真全てを見ることができます。

アップロードした順に並んでいます。

最近は娘の写真ばかりアップしていたので、最初は娘の写真のみです(笑)

 

IMG 0539

 

 

 

「セット」の画面

ここではセット毎に写真を見ることができます。

アップロードのときにセットを設定しておくと後で見る時に探しやすくなります。

 

IMG 0538

 

 

 

iPhoneからFlickrに写真をアップロードする方法

 

まずは基本的にバックアップが目的なので、非公開にするための設定をします

 

設定画面から

 

IMG 0497

 

 

 

オプションを選択

 

IMG 0540

 

 

 

アップロードデフォルトを選択

 

IMG 0541

 

 

 

アップロードサイズとプライバシーの設定を変更します

(最終的に下記のスクショの設定にします。)

 

IMG 0543 

 

 

 

アップロードサイズを設定

 

IMG 0544

 

 

 

プライバシーを非公開に設定します。

 

IMG 0545

 

 

 

写真のアップロード方法

 

ホーム画面から「アップロード」を選択します。

 

IMG 0552

 

 

 

「+」を押して、写真を選択します。

今回はiPhoneのカメラロールから写真を選択します。

 

IMG 0553

 

IMG 0554

 

 

 

「カメラロール」を選択します。

 

IMG 0555

 

 

 

カメラロールの写真一覧が表示されますので、

写真を選択します。

左下の「選択の追加」で元のアップロード画面に戻ります。

 

IMG 0556

 

 

 

次にアップロード先のセットを設定するので、

「すべてを変更する」ボタンを選択します。

 

IMG 0557

 

 

 

下の段の「セット」を選択し、

アップロード先のセット名を選択します。

 

IMG 0558

 

 

 

写真の選択と設定が終わりましたら、

右下の「全てをアップ」を押します。

アップロードが開始されます。

 

IMG 0557 2

 

 

 

アップロード中の画面

 

IMG 0561

 

 

 

アップロード中はホーム画面上でも、バッジ表示で現状アップしている写真の数を表示してくれます。

 

IMG 0563

 

 

 

アプリを閉じても、バックグラウンドでアップロードしてくれます。

ここでもバッジ表示あり。

 

IMG 0562

 

 

 

 

まとめ

 

最近ではiPhoneのカメラの性能も劇的に上がり、それとともに撮った写真のファイルサイズも大きくなっています。

iPhone自体も今では64GBのものがありますが、それでも写真の容量は放っておくとiPhoneの容量を圧迫してしまいます。

こういう便利なものがあるので活用しない手はないと思います。

 

自分も実際にFlickrを使って写真を管理していますので、iPhoneの容量は割と空きがあります。

iPhoneの容量いっぱいで使用していると、どうしても不具合が起きてしまう可能性が高くなります。

できれば、iPhoneの容量は少しでも空きを作っておくことをおすすめします。

 

Flickrは無料で1TBの容量がありますので、よほどでない限り容量の上限に達することはありません。

是非使ってみてください!

 

 

 

FlickStackr - Flickr

(2014.02.28時点)
posted with ポチレバ

 

 

Sponsored Links

 

 

 

 - Flickr, iPhoneアプリ紹介
 -