iPhoneアプリ紹介

iOSカメラアプリ OneCam ⇒無音で写真を撮りたい人向け!

2014/5/31 18:13 post by itkhoshi

 

今回は自分もiPhoneのDoc部分に入れてかなり重宝しているカメラアプリOneCamについて書きます。

このアプリはシャッター音が無音なので、シャッター音が気になる場所ではこのアプリで写真を撮っています。 

 

 

 

Sponsored Links

 

 

僕のiPhoneのDoc部分

 

まずはこれが僕のiPhoneのDoc部分に置いているアプリです。

カメラアプリは純正のものと、OneCamを状況により使い分けています。

ブログで使う写真はほとんどOneCamで撮った写真です。

 

IMG 1190 

 

 

今回紹介するのは、OneCamというアプリ。

シャッター音を無音にできる代表的なアプリです。

有料アプリですが、機能は多彩です。

 

 

 

 

 

OneCam使い方⇒シャッター音を消せるアプリ

 

これがカメラ起動時の画面。

シャッター音はデフォルトで無音になっています。

マニュアルモードの場合、フォーカス部分と露光部分を別々に指定することができます。

これはデフォルトのカメラには無い機能。

デフォルトの場合は、フォーカスと露光は同じ場所にしか指定できません。

 

「WB」はホワイトバランスをロックするかどうかの設定になります。

 

IMG 1250

 

 

親切に説明書もあります。

OneCamの使い方

IMG 0104

 

IMG 0105

 

マニュアルモードの使い方

IMG 1257

 

 

右下の三角ボタンを押した画面。⇒クイック設定画面になります。

ここではガイドラインを表示させたり、位置情報のON/OFF、

連射枚数、日付と時間の付与を設定できます。

 

IMG 1253

 

 

設定画面。

ここで詳細設定が可能です。

 

IMG 1256

 

 

 

画像のサイズも指定可能です。

サイズの変更はシャッターボタンの左側にある四角ボタンで変更可能です。

僕の場合はいつも最大のサイズにしています。

⇒3264×2176のサイズです。

 

IMG 1254

 

 

 

タイマー設定も可能です

 

タイマー機能は、下のシャッターボタンの右側にある設定ボタンから設定可能です。

2、5、10、15秒から選択可能。

 

ノーマルかタイマーの選択画面

IMG 0106

 

 

 

OneCamのシャッターを切るタイミングで注意が必要です

 

OneCamの場合、シャッターはフォーカスを合っていようがいまいが即シャッターが切られます。

人間の手でシャッターボタンを押すことにより、シャッターが切られるわけなので、タイマー機能がOFFの場合、手ぶれする可能性がどうしても高くなってしまいます。

手ぶれを押さえる方法として、タイマーを2秒設定にしておけばシャッターボタンを押してから2秒後にシャッターが切られるので、手ぶれする可能性が少し下がります。

 

デフォルトのカメラアプリの場合はシャッターボタンを押しても、フォーカスが合ってからシャッターが切られます。

僕の場合はその点でデフォルトのアプリを使い分けをしています。

なので、Doc部分にはデフォルトとOneCamの両方を配置しています。 

 

IMG 1190

 

 

  

まとめ

 

シャッター音が気にならない場所であれば、基本的にデフォルトのカメラアプリを使います。

OneCamは光の具合とフォーカスを別々に設定できるので、ブログに載せる写真はOneCamを使います。

シャッターのタイミングによる注意があるので、僕はタイマー2秒に設定したままにしています。

 

デフォルトカメラもOneCamも一長一短ありますので、それぞれ使い分けするといいと思います。 

 

 

 

 

 

Sponsored Links

 

 

 

関連記事

-iPhoneアプリ紹介
-, , , , , , , , ,

© 2022 itkhoshi.com Powered by AFFINGER5