【macOS High Sierra版】Macに最初から入っているアプリでDVDをコピーする方法

      2018/02/25

Img 20180212 disc utility top 

新しいmacOSが登場する度にこのディスクユーティリティを使ったDVDコピーの方法を書いていましたが、今回のHigh Sierra版は書いていませんでした。

なので今回High Sierra版のディスクユーティリティでDVDをコピーする方法をかきます。

 

Sponsored Links

 

>>>>000.まずはじめに、DVDコピーするにあたり注意しなければいけないことを書きます。 

原則、DVDコピーの際は自作DVDなど、著作権法に触れない範囲で行うようにしましょう。

関連のエントリーが下記>>

 

>>>>001.最初にディスクユーティリティを使って、DVD⇒Macにデータを保存する

ちなみにこの方法はティスクユーティリティとFinderのみを使ってコピーする方法となるので、最初からインストールされているアプリしか使いません。

最初にディスクユーティリティを使って、DVDのデータをMacに保存します。

 

ディスクユーティリティは、ランチャーの表示上では「その他」のフォルダ内にあります。

>>

Img 20180212 disc utility 01

 

その他のフォルダを開くと、その中に「ディスクユーティリティ」があります。>>

Img 20180212 disc utility 02

 

 

ディスクユーティリティを起動した画面が下記>>

赤で囲っている部分が今Macに入れているDVDの項目。

Img 20180212 disc utility 03

 

DVDのデータをMacに保存するために、ディスクイメージの作成をやります。

(DVDのデータをMacに保存する感じ)

上部メニューバーから「ファイル」⇒「新規イメージ」⇒「[ディスク名]からイメージ作成」をクリックします。>>

Img 20180212 disc utility 04

 

すると、下記の画面が出ます。

ここで、名前と保存先を適当に決め、フォーマットは「DVD/CDマスター」を選択しておきます。>>

Img 20180212 disc utility 05

 

ちなみに、名前の右にある矢印をクリックすると、詳しく保存先を指定することができます。

右下の「保存」ボタンを押すと、ディスクイメージ(DVDのデータ)作成が始まります。>>

Img 20180212 disc utility 06

 

ファイル作成まで少し待ちます。>>

Img 20180212 disc utility 07

 

これでDVDのデータをMac内に保存できました。>>

Img 20180212 disc utility 08

 

>>>>002.次にFinderを使って、空のDVDにディスクユーティリティで作成した映像データを焼く

上記の方法でDVDのデータをMacに保存することができました。

「ファイル名.cdr」というファイルが出来上がっていますので、それを確認します。

今回は「sample」という名前で作成したので、「sample.cdr」というファイルができあがっていることがFinder上で確認できます。>>

Img 20180212 disc utility 09

 

このファイルを右クリックし、「ディスクイメージ”sample.cdr”をディスクに書き込む」をクリック>>

Img 20180212 disc utility 10

 

すると下記の画面になりますので、空のDVDをMacに入れます。

基本的にいじる項目はありませんが、もし変更したい項目がある場合は、右上にある矢印をクリックで変更可能です。>>

Img 20180212 disc utility 11

この画面で「ディスクを作成」ボタンを押すと、DVDへのデータ焼きが始まります。>>

Img 20180212 disc utility 12

 

あとはディスクが作成されるのを待ちます。>>

Img 20180212 disc utility 13

ディスクが作成完了したら、DVDコピーの方法は以上。

 

Sponsored Links

 

>>>>003.さいごに

これでディスクユーティリティでDVDをコピーする方法は以上となります。Sierra時代とやり方は同じです。

(厳密にはディスクユーティリティとFInderですが。。)

当然ですが、DVDのコピーガードを外す機能はありません。

TSUTAYAで借りて来たDVDもコピーガードがかかっていなければできるかもしれませんが、レンタルDVDをコピーすること自体著作権法に引っかかりますのでやらないように。

 

とりあえず、自作したDVDを量産するのであれば、ディスクユーティリティでデータを取り出し、

Finderで次々と焼けばOKということになります。

 

ぜひ、参考になれば幸いです。  

 

 - ディスクユーティリティ(Mac)
 -