Mac ディスクユーティリティでDVDコピー その2

      2016/03/28

130811 0002 300x129

【初心者用】

Macだとすでにインストール済のアプリで簡単にコピーできます。

 

 

 



注意:2012年10月1日から著作権法の一部が改正されます。 「技術的保護手段」が施されたTV録画および市販のDVD・Blu-rayのコンテンツを権利者の意図しない手段で複製する行為は、個人用途や家庭内利用の範囲から外され、違法となります。

  • TV録画および市販のDVDやBlu-rayに対してこれらのツールを利用する場合は、Discの再生目的のみで利用してください。
  • Discの複製・変換を行う場合は、自作DVD・Blu-rayや家庭用ビデオカメラで個人的に撮影したデータなどで利用するようにして下さい。


 

 

Sponsored Links

 

 

 

 

下記のエントリーとほとんど同じ内容になります。

Mac ディスクユーティリティでDVDコピー その1

 

 

今回はディスクユーティリティとLiquidCDでDVDコピーを行う方法を書きます。

上記のエントリーの時は、ディスクユーティリティを使って、DVDの取り込みから、DVDの作成までを行う方法を書きました。

その際、isoファイルを作成する手順だったのですが、

今回はDVDを取り込む時点で、ディスクイメージとして取り込み、

LiquidCDでDVDの作成を行う方法を書きます。

ちなみにディスクユーティリティーは下記の場所にあります。

finder表示の場合、、

「アプリケーション」⇒「ユーティリティー」フォルダ⇒「ディスクユーティリティー」

 

 

1.DVDのデータをPCに取り込む

130811-0003

まずはディスクユーティリティ起動した画面

 

130811-0004

次にディスクを挿入した時の画面

今回は「SAMPLEDVD」というディスクで載せます。

『新規イメージ』をクリックして、ディスクイメージを作成します。

 

130811-0005

 

130811-0006

「名前」の横にある三角をクリックすると、保存先を指定できます。

イメージフォーマットはデフォルトで「圧縮」になっていますので、

このまま「保存」をクリックし、イメージ作成を開始します。

  130811-0007

イメージを作成中の画面

 

130811-0008

ディスクイメージが作成されると、ディスクユーティリティの画面上にイメージファイルが表示されます。

 

 

130811-0011

これはfinderでの画面

130811-0013

このファイルをダブルクリックすると、Macにマウントされ、

別ウィンドウでファイルの中身が表示されます。

この状態はDVDのディスクを仮想的に挿入している状態なので、

DVDプレーヤーを開くとディスクイメージを再生することができます。

 

130811-0023

 

 

2.空のDVDに焼く(ディスクユーティリティの場合)

次にディスクユーティリティでDVDを作成する方法です。

 

130811-0019

ディスクユーティリティの画面で「ディスクを作成」ボタンをクリックする。

 

130811-0020

先ほど、取り込んだディスクイメージを選択して、「ディスクを作成」ボタンをクリック。

 

130811-0021

「ディスクを作成」ボタンをクリック

 

130811-0022

ディスクを作成している画面です。

 

この画面が表示されたら、作成完了です。

 

 

 

 

3.空のDVDに焼く(LiquidCDの場合)

 

起動した画面。

「ビデオDVD」を選択すると、DVDを焼けるモードになります。

「VIDEO_TSフォルダの選択」をクリックして、先ほど、作成したVIDEO_TSを選択します。

130508-0012

130811-0011

130811-0013

イメージファイルをマウントしないとフォルダを選択できないので、

イメージファイルをダブルクリックすると、マウントできます。

マウントした状態で「VIDEO_TS」フォルダを選択します。

 

選択した画面が下。

「ディスクを作成」ボタンをクリックします。

130508-0014

空のDVDをセットして、「ディスクを作成」ボタンをクリックすると、DVDへの焼き込みが始まります。

130508-0015

130508-0016

130508-0017

 

 

 

 

 

4.まとめ

ディスクイメージを作成して、DVDを複製した方が、isoファイルを作成して複製するよりも早くできます。

自分はripltでDVDデータを取り込み、LiquidCDでDVDに焼いているので、あまりこの方法は使いませんが、

参考までに載せました。

是非参考にしてみてください。

 

 

Sponsored Links

 

 - Mac使いこなし情報, ディスクユーティリティ(Mac)
 -