【iOS11】iPhoneから2ファクタ認証をオンにする方法

   

IMG 2factor security top

自分は今まで2ファクタ認証を使っておらず、たまに求められる秘密の質問でサインインなどしていたのですが、

一度秘密の質問を忘れてしまい、サインインにかなり手間取ったことがあったので、この度2ファクタ認証に切り替えることにしました。

今回はiPhoneで2ファクタ認証をオンにしてみたので、その方法を書きます。

top pic via : support.apple.com 

 

Sponsored Links

 

iPhoneから2ファクタ認証をオンにする方法⇒設定>AppleID>パスワードとセキュリティから進めます。

2ファクタ認証についてはAppleの公式ページでも説明書きがありますので、そちらを参考にしてください。

Apple ID の 2 ファクタ認証 – support.apple.com 

  

まずは設定の画面を開き、自分の名前の部分をタップします。>>

IMG 2factor security 01

 

次に「パスワードとセキュリティ」を開きます。>>

IIMG 2factor security 02

 

ここで「2ファクタ認証を有効にする」をタップします>>

IMG 2factor security 03

 

あとは画面に沿って進めていきます。

「続ける」をタップ>>

IMG 2factor security 04

 

電話番号を確認し、「続ける」をタップ>>

IMG 2factor security 05

 

2ファクタ認証での保護が有効になったことの通知メールが来ます。>>

IMG 2factor security 06

 

あとはiPhoneのパスコードを入力します。>>

IMG 2factor security 07 

 

これでiPhone上での2ファクタ認証がオンになりました。

IMG 2factor security 08

 

Macを持っている人はMacの設定画面でも2ファクタ認証の設定が必要です

iPhone上で2ファクタ認証をオンにすると、Macの設定画面が下記のような警告が出ます。

設定からiCloudを開きます。>>

IMG 2factor security mac 01

 

「2ファクタ認証」という項目が表示され、「このMacの2ファクタ認証の設定を完了してください。」という警告が表示されます。>>

「続ける」をクリックし、設定をします。

IMG 2factor security mac 02

 

あとは画面に沿って進めていきます。>>

IMG 2factor security mac 03

 

IMG 2factor security mac 04

ここでiCloudにサインインしようとすると、2ファクタ認証の対象となったiPhoneが下記のような画面になりますので、「許可する」をタップします。>>

IMG 2factor security ios 01

 

 

次にiPhoneに確認コードが送信されますので、それをMacに入力します。>>

IMG 2factor security ios 02

IMG 2factor security mac 05

 

最後にMacのパスワードを入力して2ファクタ認証の設定が完了です。>>

IMG 2factor security mac 06

 

まとめ

これで2ファクタ認証がオンとなり、秘密の質問を入力する必要は無くなります。

今後はサインインする際に、iPhoneかMacで確認コードを受け取り、それを入力することで認証OKとなります。

やはりこっちの方が楽ですね。

 

自分の場合、秘密の質問の答えをすっかり忘れてしまい、再度秘密の質問を設定して〜再度サインインして〜また忘れて、、。。というのを繰り返してしまった過去があるので、2ファクタ認証に切り替えました。

ぜひ、参考になれば幸いです。

 

Sponsored Links

 

 - iPhone使いこなし情報
 -