Mac使いこなし情報

【OSX Yosemite】iTunes12 ⇒iPhoneを接続した時に自動で起動、同期しないようにする方法

iPhoneを充電したいだけなのに、接続の度にiTunesが毎回起動してしまうと、いちいち閉じるのが面倒ですよね。

iTunesの環境設定でiPhoneを接続しても、自動で起動しないように設定可能です。

 

Sponsored Links

 

 

iTunesの環境設定から自動で起動、同期しないように設定可能です

 

iPhoneを接続したiTunesの画面で、画面中央下の【オプション】の項目を確認します。

Img itunes setting 2

 

【このiPhoneを接続している時に自動的に同期】にチェックが入っていると、MacとiPhoneを接続した時に自動でiTunesが起動し、同期が始まります。

ここのチェックを外すと、自動で同期されなくなります。

ただ、このチェックを外すにはiPhoneを接続しないといけません。

Img itunes setting 1

 

 

環境設定からも設定を変えられます

上記の方法以外にiTunesの環境設定から設定をすることもできます。

【環境設定】⇒【デバイス】タブを選択。

「iPad、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れます。

この方法はiPhoneを接続していなくても可能です。

Img itunes setting

 

そうすると、先ほどの画面でチェックを入れられなくなります。

Img itunes setting 3

 

 

まとめ

 

僕の場合、MacとiPhoneを接続する度にiTunesが起動されると正直うっとうしいので手動で同期をしています。

同じように感じている人もいると思いますので、是非参考になれば幸いです。

 

 

Sponsored Links

関連記事

-Mac使いこなし情報
-, , , , , , ,

© 2022 itkhoshi.com Powered by AFFINGER5