Day One おしゃれな日記アプリ[MacとiOS間でiCloud経由で同期できる日記アプリ]

      2016/03/22

 140310 0001

自分が気に入って使っている日記アプリ「Day One」の紹介です。

とにかくおしゃれで使いやすい!

iCloud経由でiPhoneやiPadとも自動で同期してくれるので、意識せずに同期してくれます。 

Mac用アプリとiOS用アプリ両方について書きます。

 

2014/3/13 19:37 post by itkhoshi

 

 

Sponsored Links

 

 

 

 アプリの情報 [Day One]

 

MacApp

Mac用はこちら

 

Day One

Day One (1,000円)
(2014.03.07時点)
posted with ポチレバ

 

 

 

iOSApp

iPhone、iPad用はこちら

 

Day One (日誌 / 日記)

(2014.03.07時点)
posted with ポチレバ

 

 

 

Mac用のDayOneは1000円、iOS用は500円という金額ですが、費用対効果は非常に高いです。

日記アプリというカテゴリではありますが、色々な場面で使い勝手もよいです。

なにより、UIがおしゃれで使いやすいのが最高です!

使っていて飽きません。

 

 

 

アプリの使い方[Mac用 DayOne] 

 

このアプリは使い勝手が良いので、色々な使い方があります。

例えば、自分の日記や自分専用のTwitter感覚で使う方法。

その時その時で感じたことを短い文字でどんどんツイートしていく。

写真もつけれますので、その時におもむろに撮った写真をつけてもいいですね。

 

ではまずMac用のアプリからいきます。

 

僕の場合は主に写真をアップしています。

写真日記のようなものです。

日記なので、時系列で並びます。

後で見直したときにとても分かりやすいです。

 

DayOneのスクショ。

最近は娘の写真ばかりです(笑)

 

 

時系列表示

これは時系列にならべた表示の画面です。

 

140310 0002

 

 

 

カレンダー表示

カレンダー表示もありますので、いつ日記を書いたかがすぐにわかります。

 

140310 0003 

 

 

 

地図表示

MacやiPhoneや写真から位置情報がある場合は、どこで日記を書いたが確認できます。

場所から日記の一覧をみることができます。

これはMac版アプリのみの機能です。

iOS版にはありません。

 

140310 0004

 

 

 

リマインダー機能

リマインダー機能もあります。

15分毎から1週間まで選択することができます。

デスクトップのメニューバーに常駐させておくことができ、書く時間がくると知らせてくれます。

 

140310 0006

 

 

時間になったときのスクショ。

即、日記を書ける状態になってくれます。

 

140313 0001

 

 

 

Day OneはiCloud経由で他のデバイスと同期可能

 

iCloud経由なので、自動で意識せずに同期してくれます。

設定画面がこれ。

 

140310 0010

 

 

 

これが非常に便利!

起動と同時に同期が始まるので、いつでもデバイス間の情報は同一に保たれます。

 

 

 

パスコード設定で情報を守れます

他の設定項目で、パスコードを設定することができます。

やはり日記ということもあり、これは重要な機能ですね。

 

140310 0013 

 

 

 

iPhotoからドラッグして日記を書けます

 

その時のスクショ。

 

140310 0016

 

 

 

この時、写真の撮影日や場所の情報を使って良いかの確認画面が出ます。

右側のボタンで承認すると、自動で日付が撮影日にしてくれます。

 

140310 0017

 

 

 

日記の作成画面。

 

140310 0018 

 

 

 

できた日記がこれ。

これが便利で僕の場合は、写真の日記がほとんどです。

後日写真のみをアップする場合もあります。

 

140310 0019

 

 

 

 

 

アプリの使い方[iOS用 DayOne] 

 

同じアプリなので、基本的な使い方はMac用のアプリと同じです。

 

起動した画面。

アップした件数や写真の枚数などが表示されます。

カメラのマークで写真をアップできます。

大きな「+」ボタンはテキストベースでアップできます。

 

IMG 0628 

 

 

 

タイムライン

時系列表示。

Macとほぼ同じような表示になります。

 

IMG 0629 

 

 

 

カレンダー表示

 

 IMG 0631

 

 

 

写真表示

この表示はiOS版だけです。

写真が添付されている投稿のみ表示されます。

 

IMG 0630

 

 

 

お気に入りのみの表示

お気に入りに登録すると、日付が黄色表示になります。

 

IMG 0632

 

 

 

投稿画面

中央にあるカメラマークで写真を添付することができます。

 

IMG 0633

 

 

 

最後に撮った写真を適用させるか、

写真を撮るか、

保存している写真から選ぶかの画面が表示されます。

 

IMG 0658

 

 

 

今回は試しにカメラロールから選択してみます。

 

IMG 0659

 

 

 

写真を選択すると、自動で日付情報や位置情報を読み込んでくれて、投稿に適用できます。

 

IMG 0635

 

 

 

日付が自動で写真を撮った日付に変更してくれます。

 

IMG 0637

 

 

 

写真の投稿はトップページからでも可能

トップページのカメラボタンから投稿すると、直接写真の選択画面になります。

 

IMG 0634

 

 

 

今回は割愛しますが、Macのアプリと同じようにiPhone側でもパスコードの設定やリマインダーの設定ができます。

リマインダー機能はiPhoneの場合、バッジで知らせてくれます。

 

 

 

まとめ

 

日記というと、すごく面倒なイメージでした。

毎日書かないといけないと嫌々書いても意味がないと思っています。

なので、僕としては気分で書いています。

ふと思い出したときに写真を一気にアップしてDayOneに残すようにしています。

 

写真自体はiPhotoとFlickrで共有させていますので、バックアップはとっていますが、

Flickrは時系列に並べるととんでもない量なのでわけがわからなくなります。

DayOneはピックアップしたものだけをアップしていますので、あとで見直したときに色々思い出すことができます。

 

あらためて写真に含まれている情報は単に日時や場所ではないんだなと感じます。

日記書くことをおすすめします。

毎日でなくとも、3日書くとだんだん楽しくなってくるものです。

 

ぜひ!参考になれば!

 

 

 

 

Day One

Day One (1,000円)
(2014.03.07時点)
posted with ポチレバ

 

 

 

Day One (日誌 / 日記)

(2014.03.07時点)
posted with ポチレバ

 

 

Sponsored Links

 

 

 

 

 

 - iPhoneアプリ紹介, Macアプリ紹介
 -