【Mac クリップボード拡張】Clipy ⇒ClipMenuの後継版いい感じすぎるので、メインアプリ決定〜

      2016/03/21

僕の場合、Macのクリップボード拡張アプリはClipMenuを使っていましたが、今回後継のアプリとしてClipyというものがあることを知り、こちらに乗り換えました。

 

Sponsored Links

 

【Clipy】使い勝手はClipMenuと同じ⇒メインアプリとして定着しそう

開発までの経緯については下記に詳しく書かれています。

Swift - クリップボード拡張Macアプリ「Clipy」を公開しました - Qiita

開発背景のところで下記が書かれていました。

開発背景

私はMacを使いだしてからClipMenuを愛用してきました。

クリップボード拡張という便利機能に加え、スニペット機能によって格段に作業効率が上がるためです。

しかしOSとの相性が悪いのかかなりの確率でアプリ自体のCPU使用率が100%になり固まってしまい、作業がストップしていました。 

原因として考えられるのは、

・ClipMenu本体の開発がSnow Leopard対応までで止まっている

・ペーストの内容をメモリ上に保存している

などといったことが考えられます。

 

僕もClipMenuを使っていたのですが、クリップボード上に保存はされていくのですが、ショートカットキーを押してもペーストができないという事象が起きており、最近は使っていませんでした。(これもOSとの相性かも?) 

ブログを書く上でクリップボード拡張アプリは必須だったので、他のアプリを探していましたら、今回紹介しているClipyを見つけました。

詳細はこの後書きますが、ClipMenuを改変したアプリというだけあって、感覚はClipMenuと全く同じです。

これを見たときは即インストールしました。 

 

Clipyについて

下記ページからインストーラをダウンロード可能です。

Clipy - Clipboard extension app for Mac OS X

上記リンクから【Download】ボタンを押すとインストーラをダウンロードできます。

150828 clipy 1 

 

インストーラを開いて、Clipy.appをApplicationフォルダに移動させるだけです。

150828 clipy 2

 

あとはClipy.appを起動させます。

もし下記の警告が表示されて開けない場合は、右クリック⇒開くでやってみて下さい。

150828 clipy 3

150828 clipy 4

 

使い方

これだけ入れるだけでコピペがかなり楽になります。

テキストなどをコピーするのはこれまで通りで、Clipyを【Shift+Command+V】で呼び出します。

すると過去にコピーしたテキストを引っ張ってきてペーストすることができます。

150828 clipy 5

 

スニペット機能はあらかじめ設定しておいて固定文をペーストできる機能です。

150828 clipy 6 

 

設定画面は以下>>

【一般】

ここでクリップボードの記憶する数やアイコンの設定ができます。

150828 clipy setting 1

 

【メニュー】

Clipyを呼び出したときに表示されるメニュー画面をカスタマイズできます。

150828 clipy setting 4

 

【対応形式】

保存するクリップボードの種類を選択可能です。

僕の場合テキストだけでいいので【プレーンテキスト】だけにチェックを入れています。

フォント情報まではコピーしたくないので。

150828 clipy setting 3 

 

【ショートカット】

ここではClipyを呼び出す際のショートカットを設定できます。

他で使っているショートカットとかぶらないようにしましょう。

150828 clipy setting 2

ClipMenuではショートカットなしを設定できたのですが、Clipyは必ず割り当てないといけないようです。

スニペットメニューがデフォルトの場合、【Shift+Command+B】となりますが、僕はSafariで【お気に入りバー】の表示/非表示をたまに行うため、ショートカットがかぶってしまうため、ここだけ変えています。

 

まとめ

ClipMenuでちょっと相性が悪かったようなので、すぐに別のアプリが見つかってよかったです。

クリップボード拡張アプリは日常のネットサーフィンなどでも大活躍しますので、あまりPCを使わない人でも入れておいてもいいと思います。

ClipMenu、Clipy共に無料ですし。

 

ぜひ、参考になれば幸いです。

 

Sponsored Links

 - Macアプリ紹介
 -