Noteshelfの使い方 まとめ

      2015/10/27

Noteshelf

おすすめノートアプリ

Noteshelf

機能がかなり多いので、すべては説明できませんが、基本的なところはすべて書きます。

 

 

Sponsored Links

 

 

 

Noteshelf アプリについて

 

 

 

 

 

Free版もあります。

機能制限あり。

 

 

指でももちろん書けますが、

ノートアプリを使うときにはスタイラスペンがあるとさらに書きやすくなります。

また、Noteshelfでは特定のスタイラスペンの最適化をすることができます。 

 

 

 

Noteshelf 起動した画面

 

アプリを起動した画面。

今回のアプリはFree版ではなく、有料版で書きます。

それぞれのボタンの説明です。

IMG 0004

 

 

Noteshelfストアでは、ノートのカバーやノートの種類をダウンロードすることができます。

無料のものが多いので敷居も低い。

色々試してみてもいいと思う。

IMG 0005

 

 

ノートを作成

 

右上のノート追加ボタンを選択すると、新しくノートを作成します。

IMG 0006

 

 

簡易作成の場合はデフォルトの用紙とカバーを使用して作成されます。

ノートをカスタマイズすると、下記の画面のようになります。

用紙の種類と、カバーの種類を選びます。

IMG 0007

 

 

ノート編集画面 実際に書いてみる

 

ノート編集が面のそれぞれのボタンの説明です。

見づらくてすみません。。

IMG 0008

 

 

ペンの種類が豊富!

色は17種類。

太さは10種類から選べます。

 

まずはふつうのペン。

IMG 0019

 

 

スワイプでペンの種類を変えられます。

万年筆風

 IMG 0018

 

 

えんぴつ風

IMG 0020

 

 

マーカー風

IMG 0021

 

 

消しゴムは3種類

IMG 0015 

 

 

 テキスト入力も可能。

入力したいところをダブルタップで、どこにでも挿入できます。

フォント、右詰め、中央、左詰めも選択することができます。

IMG 0016

 

 

誤タッチ防止機能がすごい!

 

Noteshelf独自かは分かりませんが、このアプリには誤タッチ防止機能があります。

この機能が感動しました。

普段紙になにかを書くときには、手を置いて書くのがふつうだと思う。

だが、iPadの場合手を置いてしまうと置いたところも書かれてしまう。

 

文章で書いても分かりづらいと思うので、

スクリーンショットで。

 

IMG 0022

 

 

 あとは書いていくと、誤タッチ防止の基準が自動で下に移動してる。

これには感動!

IMG 0023

 

 

拡大入力も可能

 

小さな文字を書きたいときは拡大入力が便利。

自分が普段このアプリを使うときはメモ代わりに使うことが多いので、

この機能を一番使います。

IMG 0025

 

 

実際に書いたイメージ。

IMG 0024

 

 

書いたノートは各クラウドサービスと連携可能

 

 まずは書いたページにお右上の項目をタップ。

IMG 0026

 

 

ページの一覧画面になります。

ここでは1ページしか書いていないので、1枚のみ。

この画面ではページのコピーや削除などが可能です。

IMG 0027

 

 

右側の項目で他のアプリと連携することができます。

IMG 0028

 

 

 どうしてもiPadの要領には限界があるので、この機能はうれしい。

自分の場合は、EvernoteかDropboxにアップすることが多いです。

 

 

Dropbox

Dropbox (無料)
(2013.12.04時点)
posted with ポチレバ

 

Evernote

Evernote (無料)
(2013.12.04時点)
posted with ポチレバ

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 iPadを購入したらノートアプリは必須になってくると思うが、このアプリは本当におすすめ!

紙に書くということも大事なので、自分は紙ベースのノートとiPadのノートアプリを使い分けている。

 

紙ベースはアイディアを絞りだすときに使っている。

iPadの場合どうしても画面の大きさが決まっているので、書いたものを全体で見ることができない。

例えば自分の場合、夢のリストは紙に書いている。

 

iPadのノートアプリはメモ帳に近い感覚で書いている。

分かりやすく言うと、セミナーに出席した際のノート代わり。

学生で言えば、講義のノートとして使う感覚だ。

そうすれば、教科毎のノートは不要になる、iPad1台で事足りる。

 

これからの時代、デジタルコンテンツが増えてくると思うが、紙に書くということも重要だと自分は思う。

 

以上、Noteshelfの紹介でした。

是非参考になればと思います。

 

 

 

 

 

Sponsored Links

 

 

 

 

 - Apple, Gadget, iPad, iPadアプリ紹介
 -