Mac使いこなし情報

【macOS Sierra】iPhoneのバックアップファイルを削除する2つの方法

170919 iphone bk file del 04

Mac上でiPhoneのバックアップファイルを削除する方法を書きます。

バックアップファイルというのは意外とMacのストレージを圧迫しがちなので、不要な場合は削除することでストレージの節約にもなってきます。

 

Sponsored Links

 

iTunesからiPhoneのバックアップファイルを削除する方法

まずはiTunesから「環境設定」を開きます。>>

メニューから選択するか、「Command+,(カンマ)」のショートカットキーでも表示可能です。

170919 iphone bk file del 02

 

環境設定の画面で「デバイス」タブを選択します。>>

170919 iphone bk file del 01

 

現状保存されているバックアップファイルの一覧が表示されますので、不要なファイルを選択し、

「バックアップを削除」ボタンをクリックします。>>

170919 iphone bk file del 03

 

これでiTunesからの削除方法は以上です。>>

170919 iphone bk file del 04

 

「このMacについて」からiPhoneのバックアップファイルを削除する方法

iTunesから削除する方法の場合は、バックアップファイルのサイズ(何バイトあるのか)がわかりませんが、

次の方法ではファイルのサイズも確認することが可能です。

 

まずは、左上のアップルマークをクリックし、

「このMacについて」を選択します。>>

170919 iphone bk file del 05

 

次に「ストレージ」タブを選択します。>>

170919 iphone bk file del 06

 

ここで現状のストレージの使用状況を確認することができます。

ちなみに自分の場合はBOOTCAMPでWindowsをインストールしていますので、ストレージの状況は2本表示されています。

この画面の「管理」ボタンをクリックします。>>

170919 iphone bk file del 08

 

左側の「iOSファイル」を選択します。>> 

170919 iphone bk file del 09

 

ここでバックアップファイルの一覧を確認することができます。

iTunesからではわからなかった、ファイルのサイズも確認可能です。

あとは不要な項目にカーソルを合わせて、「×ボタン」をクリックします。>>

170919 iphone bk file del 12

 

これで作業は完了です。>>

170919 iphone bk file del 11

 

まとめ

iPhoneやiPadのバックアップファイルというのは、必要な時もありますが、古いバックアップファイルに限ってはただのゴミファイルになります。

ストレージの節約のためにも古いバックアップファイルは削除しておきましょう。

ぜひ、参考になれば幸いです。

 

Sponsored Links

 

関連記事

-Mac使いこなし情報
-, , ,

© 2022 itkhoshi.com Powered by AFFINGER5