Macのアプリを閉じる時はCommand+Qで。×ボタンではアプリは終了しません

      2016/03/22

WindowsからMacにすると、どうしても間違えやすいウィンドウの閉じるボタン。

初歩的なことですが、記事に残しておきます。

 

Sponsored Links

 

 

140717 0001

Macの「×ボタン」はアプリ終了のボタンではありません。

どちらかというと画面を閉じるボタンなので、アプリは起動されたままとなります。

 

 

 

アプリ終了の方法

 

ショートカットキー【Command+Q】

アプリ終了のショートカットキーです。

これでアプリ終了します。

これを使う人が一番多いかも。早いし簡単です。

 

 

 

上のメニューから【Safariを終了】を選び、アプリを終了させる

「Command+Q」と同じです。

140717 0005

 

 

 

Docからアプリ右クリックで【終了】を選択する

下記スクショ参照。

140717 0006

 

 

 

まとめ

 

僕はショートカットキーを使うのをおすすめします。

簡単ですし。

 

僕も元はWindowsユーザでしたので、一番最初にMacを買ったときに戸惑った部分です。ショートカットキーを使うようになってからは気にならなくなりました。

アプリを終了させておかないと、Macの電池の消耗も早くなってしまうし、動作も重くなってしまいます。

WindowsからMacになった人は気をつけた方がいいかもです。

 

 

 

Sponsored Links

 

 - Mac使いこなし情報
 -