今さらですが、、AirDrop使い方

      2016/03/22

今更ですが、iOS間でデータの交換をすることができるAirDropを最近多用するので記事に残しておきます。

 

Sponsored Links

 

 

AirDropはすばらしく便利!

 

今まであまり使っていなかったのですが、AirDropが激しく便利で最近多用しています。

その方法も簡単です。

 

連絡先情報、Safariで開いているページ情報、メモ、iOS間で基本的になんでも相手の端末に送れます。

これはiOS7からの機能です。

 

 

 

AirDropやり方

 

AirDropをオンにします。

下からスワイプで表示される、コントロールセンター上でオンにできます。

IMG 1560

 

 

この表示になっていればOK

連絡先に限定したり、AirDropをオフにするのもこの画面からとなります。

IMG 1555

 

 

IMG 1556

 

 

 

試しにSafariで開いているページを相手iPhoneに送ってみます

 

Safariで自分が見ているページの、

下バーの真ん中のボタンをタップ

IMG 1553

 

 

AirDropをタップ

IMG 1554

 

 

すると受信可能な相手先一覧が出てきます

送りたい相手を選択。

ちなみにもう1つあるのは、ウチの奥さんのiPhoneです。

IMG 1557

 

 

送信済みとなります。

IMG 1559

 

 

 

送信が完了すると、相手のiPhoneに通知が来ます

 

通知が来た画面

 

受け入れましょう。

「辞退」をタップすれば拒否することもできます。

IMG 0001

 

 

Safariが開き、先ほど送ったページが表示されます。

IMG 0002

 

 

 

まとめ

 

これで終わりです。

今回はSafariのページで検証していますが、これはメモアプリの情報や連絡情報もAirDropで送れるのでかなり使える機能です。

他の携帯端末では赤外線通信を採用していますが、iPhoneの場合はBluetoothでこの機能を実現させています。

 

ひと昔まえにBumpというアプリがありましたが、それのデフォルト機能版ですね。

そーいやBumpいつのまにか消えたな。。

 

今更ですが、AirDropに最近感動して記事にしてみました。是非参考になれば幸いです。

 

 

Sponsored Links

 

 - iPhone使いこなし情報
 -