RipltとLiquidCDでDVDコピー

      2016/03/25

130508 0018 300x127

 ここでは、MacアプリでDVDをコピーする方法を書きます。

Ripltでリッピングし、LiquidCDで書き込みます。

 

 

 

 

■Ripltホームページ/ダウンロード

価格:$24.95

最初の10回は無料でリッピング可能

http://thelittleappfactory.com/ripit/

 

■LiquidCD ダウンロード

価格:無料

http://liquidcd.softonic.jp/mac

 

 


 


注意:2012年10月1日から著作権法の一部が改正されます。 「技術的保護手段」が施されたTV録画および市販のDVD・Blu-rayのコンテンツを権利者の意図しない手段で複製する行為は、個人用途や家庭内利用の範囲から外され、違法となります。

  • TV録画および市販のDVDやBlu-rayに対してこれらのツールを利用する場合は、Discの再生目的のみで利用してください。
  • Discの複製・変換を行う場合は、自作DVD・Blu-rayや家庭用ビデオカメラで個人的に撮影したデータなどで利用するようにして下さい。


 

 

Sponsored Links

 

 

 

1.RipltでDVDデータをPCに取り込む

まずはRipltを起動します。

130508-0001

 

 

下の画面がRipltの設定画面

下のマークしている部分で取り込む場所を指定します。

130508-0004

 

130508-0005

 

 

ここではRipltフォルダを指定します。

130508-0007

 

 

LiquidCDは「VIDEO_TS」フォルダからしかDVDを作成できないので、設定を変更する必要があります。

130508-0006

 

 

「Use ".dvdmedia" Extension」のチェックをはずす

⇒そうすると、「VIDEO_TS」フォルダで取り込めます。

⇒チェックをつけた状態の場合は、****.dvdmedia で取り込みます。

 

次にDVD挿入すると下の画面になります。

「Rip」ボタンで取り込みが始まります。

130508-0002

130508-0008

 

 

できたファイルがこちら。

130508-0009

 

 

 

2.LiquidCDでDVDに焼く

 

起動した画面。

「ビデオDVD」を選択すると、DVDを焼けるモードになります。

「VIDEO_TSフォルダの選択」をクリックして、先ほど、作成したVIDEO_TSを選択します。

 

130508-0012

130508-0013

 

 

選択した画面が下。

「ディスクを作成」ボタンをクリックします。

130508-0014

 

 

空のDVDをセットして、「ディスクを作成」ボタンをクリックすると、DVDへの焼き込みが始まります。

130508-0015

130508-0016

130508-0017

 

 

番外編、ちなみに。。

 

Ripltの設定画面で、下記のチェックをつけてDVDを取り込んだ場合。

130508-0001

130508-0010

 

 

下記のような、ファイルが出来上がります。

130508-0011

 

 

このファイルはダブルクリックするだけで、下記のアプリが起動し、再生可能です。

このアプリはデフォルトでインストールされてるアプリです。

130508-0019

 

 

 

 

 

 

3.まとめ

 

Ripltは自分が色々リッピングソフトを試した中で一番のソフトだと思います。

まずは、使い方がわかりやすい。

リッピング速度が早い。

 

単純なことですが、他のソフトは機能が多いということもあるかもしれませんが、

わかりづらい点が多い気がしました。

 

是非気になれば、試してみてください。

このブログの冒頭にダウンロードできるURLを載せています。

 

 

 

関連エントリー:

Mac ディスクユーティリティでDVDコピー その1

Mac ディスクユーティリティでDVDコピー その2

DVDリッピングソフトRiplt説明書

 

 

Sponsored Links

 

 

 

 - Macアプリ紹介, Riplt
 -