Google経由のアクセスが激減

      2016/03/21

131213 0016

なぜか10/30を境に当ブログへのアクセスが激減している。

調べた結果、Googleアドセンスの規約に違反しているかもしれないという結論に。

解決はしていませんが、分かった範囲で書きます。 

 

 

Sponsored Links

 

 

 

経緯

 

自分は基本的にGoogleアナリティクスでアクセス数の確認をしている。

MBAの場合はSafariで。

Googleアナリティクスとは、ブログのアクセス解析のためのサイトだ。

下記参照 

 

Googleアナリティクスについて

131214 0004

 

 

 

iPhoneの場合は、 下記のアプリを使って確認している。

Real-time Dashboard for Google Analytics

 

 

それが、ある日突然アクセス数が激減した。

それが下のスクショ。

 

131214 0001 

 

10/30を境にアクセス数が1/10以下になってしまった。

 

この状態が続くのは非常に困るので、自分がやったことを振り返って考えてみました。

そこで下記のサイトに行き当たり、参考にさせていただきました。

 

Googleペナルティを受けたブログを修正する手順

131214 0002

 

 

このページ内の、

「3.自サイトの検索のしすぎ」 

 

自分のブログの場合は、おそらくこれが原因だと思われる。

10/30ころ、自分は検索結果がどのように表示されるのか確認の意味も含め、

何度も自サイトが表示されるような検索キーワードを入力していました。

 

原因としては3タイプあるとのこと。

Google検索で自サイトを表示するときに。。

 

  • 数秒以内など、短時間の間に何度も表示させる

  • 自動ページ送りのスクリプトなど、ブラウザに自動化されたツールを導入している

  • 一定時間、同じIPアドレスから検索を続ける

 

 

これを行うとどうなるかは、見ての通り。

これは90日間後に解除されるようです。

このエントリーを書いたのは、12/14なのであと1ヶ月半は復活しないとみて間違いないかと。

 

このペナルティについて詳しく書いたエントリーがありましたので、参考にさせていただきました。

 

Google検索が使えなくなるエラー「不正なクエリの検索」の注意点

131214 0003

 

 

なるほどなと思いました。

自サイトを表示させる際には注意が必要です。

 

当ブログもこの「不正なクエリの検出」に違反してしまったようです。

自サイトを検索する際には、

「http://itkhoshi.com/blog」 

 と、検索することが勧められています。

 

 

 

Googleガイドラインに違反しないようチェックすること

 

Googleの検索順位については、ウェブマスターツールを使って確認することができます。

 

ウェブマスターツール

131214 0005 

 

ここでは登録方法は割愛しますが、

Googleの検索によって自サイトがどれだけ表示され、どれだけクリックされているかを確認することができます。

 

これは自分のサイトのスクショ。

10/30を境にGoogle検索で表示がされていないことが分かります。

(表示数、クリック数は念のため非表示にしています。)

131213 0016

 

 

このような状態になった場合、なんらかのGoogleのガイドラインに違反しているとみて間違いないでしょう。

この事態になると、もちろん収入も減ることになる。

こうなる前に確認は必須ですね。

 

 

 

まとめ

 

今回は完全にうかつだった。

まさかこんなことになるとは。

 

まーやってしまったものはしょうがないので、おとなしく90日間待とうと思う。

その間、Google検索ではこのブログはほぼ検索にはヒットしないことになる。

ほとんど非公開の状態だ。

 

なので、アクセスが少ない良い機会なのでブログにGoogleの規約に違反していないか確認をしようと思います。

幸いにもまだエントリー数は少ないので、これを教訓にしていきます。

 

 

Sponsored Links

 

 

 

 - Google AdSense, アクセス解析
 -