【Stinger7 カスタマイズメモ】SearchConsoleの構造化データエラー対策

   

160401 searchconsole error top

デフォルトのままにしておくと、エラーがたんまり出てきます。

検索順位やGoogleの評価には直接的には関わってこないかもしれませんが、念のため対処しておきます。

 

Sponsored Links

 

【参考サイト】

Stinger6 「author がありません」のエラー対策 | WordPress News

 

Search Consoleを気にしている人は、修正しておいたほうがよさそうですね

デフォルトのままにしておくと、「authorがありません」というエラーがかなり出てきます。

参考サイトではStinger6のテーマ上の話ですが、Stinger7でも同様の事象が起きています。

 

僕の場合もStinger7に変更してから、一気に「authorがありません」というエラーが大量に発生してました。。

エラーが出ている状態というのはどうも気持ち悪いので、修正します。

 

single.phpを修正することで対処できます。

single.phpで下記の場所を修正します。 

変更前>> 

<div id="post-<?php the_ID(); ?>" <?php post_class(); ?>>

 

変更後>> 

<div class="post">

 

2,3日でエラーは減り始めます。

1,2週間でエラーは0になるようなので、少しこのまま様子をみることにします。 

 

 

Sponsored Links

 

 - Stinger7
 -