【レンタルサーバー ロリポップ】アクセスが増えてきたので、転送量をもう一回調べてみた件

      2016/03/21

転送量を再度確認してみた。

そしたら、転送量がちょっとギリギリになっていたので、レンタルサーバー移転を検討することにしました。

Top Photo via:Tal Touch

 

Sponsored Links

 

自分のブログがどれくらいの転送量なのか調べる方法(ロリポップ)

ロリポップで耐えうるPVを考えてみた【レンタルサーバー考察】 | itkhoshi.com

 

転送量を調べる方法は上記エントリーで詳しく書いています。

今はプラン名が変わっているので注意。

変更前 変更後 転送量制限/日
コロリポ エコノミー 1GB
ロリポ ライト 5GB
チカッパ スタンダード 10GB
ビジネス エンタープライズ 制限なし

 

今の環境を説明

今はロリポップのスタンダードプラン(転送量10GB/日)で契約し、Wordpressでブログを書いています。

また、Wordpressのプラグインで、JetpackのPhoton(CDN)を導入していて、転送量対策を行っています。

 

このJetpackのPhotonについては下記エントリーで紹介しています。

これを導入することにより、レンタルサーバーにかかる負担を減らせます。(耐えられるPVが増えます。)

【サーバー転送量対策 CDN】レンタルサーバーの負荷低減のためにJetpackのPhotonは導入すべき(無料) | itkhoshi.com

  

最近のデータで調べた結果

151014 lolipop access log 1

 

1日指定で検証しています。この日は9500PVでした。(Google Analytics調べ) 

転送量は6.3GBでした。。

僕はスタンダードプランなので、 1日10GBまでOKのプランです。

今はまだ大丈夫ですが、急にバズった場合などはかなり危険です。

 

前回レポートした去年のデータの場合は、2日間で15000PV。転送量は1日あたり2.3GBという結果でした。

この時には、スタンダードプランでは1ヶ月100万PVは耐えられると書きました。

 

ですが、今回は1日で6.3GBの転送量となっています。

約3倍です。

 

去年のデータの場合、アクセスが多かったのは割とデータ量の少ないエントリーだったため、転送量はそれほど大きくならなかったようです。

今回調べたデータの場合は、iPhone 6s /6s Plusの発売直後ということもあり、iPhoneを復元するエントリーのアクセスが大幅に増えました。

【関連】iPhoneを機種変更したらiCloudから復元するとめちゃ楽!⇒注意事項とやり方 [iOS7.1.1]

【関連】【iPhone機種変更】iTunesでiPhoneのバックアップ〜新しいiPhoneをバックアップから復元する方法  

この2つの記事が一番アクセスが多かったわけですが、データ量が多いため、転送量も大きくなったということです。

 

今回のデータで計算してみると、9500PVで6.3GBなので、スタンダードプランで耐えられるのは1日15000PVということになります。

となると、1ヶ月で耐えられるのは45万PVとなります。

やはりエントリーによって、転送量は大きく変わるということですね。

 

この結果となったので、レンタルサーバー移転を検討中です。

今はサーバースペックなどを重視して、エックスサーバーにしようと検討中です。

 

エックスサーバーのX10プランであれば、転送量は1日70GBまで大丈夫です。 

そうすると、1日10万PV以上でも問題ない計算になります。(当ブログの場合)

 151014 xserver spec 1

 

あとはお金の部分で検討ですな。

サーバーダウンするよりはマシか。

 

まとめ

以前も書きましたが、ブログの記事によって、転送量は大きく変わります。

今はまだ大丈夫ですが、ブログのアクセスというものは増える時は急に増えるものです。(当ブログも去年は1日で3倍以上増えた経験あり。)

現時点でアクセスが3倍増えてしまうと、サーバーダウンは避けられないでしょうね。。

そうすると、ブログの収益にも大きく影響してきます。

 

アクセスが増えてきたら、まずは転送量の部分は必ず注意しておいた方がいいと思います。

僕は定期的にチェックするようにしています。

 

是非、参考になれば幸いです。

 

Sponsored Links

 - レンタルサーバー
 -