【WordPress】当サイトをSSL化しました⇒エックスサーバーでの申し込み手順を紹介

   

171026 xserver ssl top

当サイトは永らくSSL化していませんでしたが、エックスサーバーでは無料でSSL化できることに最近気づきまして。。この度SSL化することにしました。

その申し込み手順とWordpress上での必要な設定などを書きます。

top pic via : Mapbox 

 

Sponsored Links

 

SSL化することのメリット

手順を説明する前にSSL化することで得られるメリットについて説明します。

 

まず大きなメリットとしては検索順位の面で有利になります。

これはGoogleも公式に発表していることで(2014年8月)、下記のGoogle公式ページでも確認できます。

⇒参考:ウェブマスター向け公式ページ

 

また自分のサイトが安全ですというアピールにもなります。

サイトを見に来てくれた人も安心してサイト閲覧ができます。

 

通常はSSL化するためには、SSLサーバ証明書というものが必要でその都度更新が必要です。しかも有料。

エックスサーバーの場合は、無料で、自動で更新もしてくれます。

 

一般的にもこれだけネット通販が普及していることもあり、サイトのSSL化は個人ブログからショッピングサイトに至る全てのサイトで常識になっていますしね。

SSL化することで通信が暗号化され、第三者に情報が渡ることがないので安心です。

ということで当サイトもSSL化することとしました。

 

【エックスサーバー】SSL化の申し込み手順

とても簡単です。

まずはエックスサーバー サーバパネルにログインし、「SSL設定」の項目をクリック>>

171026 xserver ssl 01

 

次に該当のドメインの右側「選択する」をクリック>>

171026 xserver ssl 02

 

続いて「独自SSL設定の追加」タブを表示させ、 該当サイトのドメインを確認し、「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリック>>

下の段に「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」とありますが、普通の個人ブログであれば入力不要です。(自分も入力していません)

171026 xserver ssl 03

 

クリックすると若干時間がかかる場合があります。

画面はそのまま放置。>>

171026 xserver ssl 04

 

下記の表示になれば、申し込み完了です。

ただ、表示にもあるようにSSL設定が反映するまでには最大1時間程度かかる様子。>>

171026 xserver ssl 05

 

「SSL設定の一覧」タブの表示で自分のサイトURLを確認します。>>

171026 xserver ssl 06

 

このURLはリンクになっているので、試しにクリックしてみます。

現在はまだSSL設定が反映前なので、下記の表示となります。

上記では約1時間ほどと表示されますが、早ければ10分ほどで反映されます。>>

171026 xserver ssl 07

 

無事にSSL表示可能となった画面が下です。

171026 xserver ssl 10

 

 

 

WordPress上での設定も変更します

SSL化が反映されたことを確認したら、次はWordpress上でも設定の変更が必要です。

 

WordPressの「設定」⇒「一般」のページを見ます。

自サイトのURLが書かれているところを「http://」から「https://」に変更します。(2箇所)

WordPressに再ログインが必要になります。>>

171026 xserver ssl 11 

 

.htaccessを編集し、httpをhttpsにリダイレクトするようにします

上記の設定のままではhttpでも普通にアクセスができてしまいます。

なので、httpで来たとしてもhttpsで表示させるように該当ファイルを編集します。

 

エックスサーバーのサーバパネルから「.htaccess」の設定変更ができます。

(もちろんエックスサーバーのサイト内のファイルマネージャーからも編集は可能です。)

再度サーバパネルのページを開き、「.htaccess編集」をクリック>>

171026 xserver ssl 12

 

該当ドメイン部分の「選択する」をクリック>>

171026 xserver ssl 13

 

「.htaccess編集」タブを表示させ、先頭に下記のコードを入力します。>>

<ifmodule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</ifmodule>

 

入力したら、「.htaccessを編集する(確認)」をクリック>>

171026 xserver ssl 16 

これでhttpでサイトに訪れた人もhttpsで表示がされるようになります。

 

.htaccess編集の際の注意点

上記の方法はドメイン直でWordpressをインストールしている場合には問題ありませんが、

自分のようにドメインのフォルダ直下ではなく、新たにフォルダを作成してWordpressをインストールしている場合は、Wordpressをインストールしているフォルダ上にも.htaccessのファイルがありますので、そっちも編集するようにしてください。

 

まとめ

これでエックスサーバでのSSL化の申し込みと、必要な設定については以上です。

これで晴れて当サイトもSSL対応に仲間入りです。

エックスサーバーなら無料ですし、更新も自動でやってくれるというありがたいサービスがありますので、すごく安心でオススメです。

 

最近ではSSL化されていないと安心ができないというユーザがほとんどです。

ショッピングサイトなら個人情報満載なのでなおさらですね。

 

ぜひ、参考になれば幸いです。

 

Sponsored Links

 

 

 - レンタルサーバー
 -