ロリポップで耐えうるPVを考えてみた【レンタルサーバー考察】

      2016/03/21

僕はムームードメインから独自ドメインを取得し、ロリポップというレンタルサーバーと契約をしていて、そのサーバー上にエントリーをアップロードしています。

それでブログを運営しているのですが、レンタルサーバーにはそれぞれスペックがあり、そのスペックによって耐えられるPV数が異なってきます。

今回はロリポップの場合、どれくらいのPV(ページビュー)をさばけるのか考えてみた。 

 

Sponsored Links

 

 

 

僕が使っているレンタルサーバー環境【ロリポップ】

 

僕の場合、ロリポップというレンタルサーバーを使っています。

ロリポップは格安のレンタルサーバーとして有名で、よく「初心者向け」ということでWebページで紹介されていたりします。

 

ロリポップについてはこちらから>> 



 

 

この中でロリポプランを使っています。

その下のコロリボプランについては、Wordpressが使えないのでここでは割愛します。

 

ロリポプランのスペックは以下

■ディスク容量:50GB

■転送量:5GB/日 (⇒ここ大事)

■月額費用:250円〜 

(この「月額250円〜」というのは、最短1ヶ月契約から最長で3年間契約までできるのですが、期間によって月額の費用が変わるためです。1年間であればだいたい月額300円くらいになると思います。)

 

ちなみにその上のチカッパプランのスペックは以下

■ディスク容量:120GB

■転送量:10GB/日 

■月額費用:500円〜 

 

ディスク容量については通常のブログ形式であれば、50GBもあれば全然余裕です。

(今後1万記事以上書くのであれば話は別。この辺の詳しい話はこのエントリーの後半で書きますね。)

耐えられるPV数を考えたときに大事になってくるのは【転送量】の項目です。

この転送量を超えるアクセスがあったときに管理会社側でサーバーへのアクセス制限が発生し、ブログを閲覧できなくなる可能性が出てきてしまいます。

 

 

 

耐えられるPVを予測するために、自ブログが現在のPVでどれくらいの転送量なのか調べる

 

自分のサイトの転送量がどれくらいなのかは、ロリポップユーザ専用ページ上の【アクセスログ】のページで調べることができます。

 

ユーザ専用ページから指定した期間の転送量を調べる方法

まずはユーザ専用ページから【WEBツール】を選択します。

140802 0005

 

 

【アクセスログ】を選択すると、アクセス解析の画面になります。

ここで自分のブログのURLの【アクセスログページ】を選択します。

140802 0007

 

 

ここではサイトのアクセス解析のためのページで、色々なレポートを見ることができますが、今回は転送量について確認したいので、【全体の概要を表示する】だけにチェックを入れれば大丈夫です。

他のチェック項目は外しましょう。

140802 0010

 

 

あとは調べたい期間を入力して、【アクセス解析】を選択します。

事前にこの期間のPVは調べておいてください。(Google Analyticsが一番ベスト)

ここでもアクセス数を調べることもできますが、Google AnalyticsのPVと比較した方が分かりやすいです。

Google Analyticsについてはここでは割愛します。

140802 0011

 

 

これがアクセス解析レポートの画面です。

2014/7/20〜21の2日間の期間で作成しました。

この時は2日間で約2000PVでした。

140802 0012

 

 

調べた転送量からロリポップで耐えられるPVを予想できます

 

今回調べた転送量は下記です。

>>

データ転送量:2473803497バイト⇒2.47GB

データ転送量の日別平均:1351394930バイト⇒1.35GB(小数点以下省略)

1日あたりのPV:約1000PV(Google Analytics調べ)

 

ロリポプランの場合、1日の転送量の制限は5GBです。

なので計算すると、1日3700PV1ヶ月11万PVは耐えられるレンタルサーバーだと分かりました。

(意外と少ない。。でも初心者用と考えれば良心的か。)

 

ちなみにこれは僕のブログの場合です。ブログが変わればページのサイズは変わりますので、このアクセス解析の結果は変わってきます。

画像などが多いページであれば、転送量は多くなりますので、耐えられるPVは少なくなります。逆にテキストベースのページであれば転送量は減り、耐えられるPVは多くなります。

制限となっている転送量ギリギリであれば、アクセスエラーが起きている可能性もありますので、レンタルサーバーの移転を考えた方がいいですね。

 

ちなみにロリポプランより上のプランのチカッパプランの場合、ディスク容量は120GBとなり、転送量は1日あたり10GBとなります。

そうなると単純計算で1日約7500PV1ヶ月23万PVは耐えられるということになります。 

 

 

IMG 1535

 

 

ディスク容量について少しだけ書いてみる

 

ちなみにディスク容量についてもちょっとだけ。

下記は実際の僕が使っているディスク容量の情報です。>>

140802 0006

 

基本的にはブログ記事を書くので、それに添付する画像やテキストでレンタルサーバー上のディスクが埋まっていきます。

このブログの場合、記事は150ほど書きましたがまだディスク容量は500MBくらいしか使っていません。

僕も初めて見た時は「少なっ!」と思いました。1つの記事のサイズを考えたら当たり前ですがね♪(´ε` )”

 

これも単純な計算ですが、このブログの場合は15000ほどの記事数まではディスク容量も問題ないことになります。

(Wordpress分の容量やプラグイン、メールなどの容量はとりあえず考えなかった場合ということで。)

 

 

 

まとめ 

 

これから初めてブログを書こうと思っている人や、既にロリポップを契約している人にとって参考になればと思い、この記事を書きました。

ロリポップは本当に格安のレンタルサーバーだと思います。他のサイトでも紹介されている通り、ブログ初心者の人も安心して使えると思います。

ただ、それ故に耐えられるPV数などは気になる点です。

最初からブログを本気でやる!という人は(あまりいないと思いますが。。)最初から強固なレンタルサーバーを契約するのがもちろん一番安心ですが、強固なサーバーは費用が割高になってきます。

 

基本的にディスク容量は気にしなくても大丈夫だと思います。50GBもあれば十分です。

このブログの場合、15000ほどの記事数で50GBに到達すると書きましたが、そこまでの記事数を書いて月間11万PVにとどまるということはほぼないと思います。転送量のところでおそらく引っかかります。

(そこまで記事数を書いて、月間11万PVならまずめげるな〜そこまで耐えられん。。)

 

サーバーの移転を意識する時というのは、この転送量の制限に引っかかってしまい、ブログを見に来てくれた人がページを見ることができなくなってしまう時なのです。

僕の場合、まだそういったアクセスエラーなどは出ていませんが、ロリポップはどれくらいのPVなら大丈夫なのか調べたのがこの結果です。

 

以上、ロリポップで耐えられるPVについてでした。

是非参考になれば幸いです。

 

 

Sponsored Links

 



 

 - レンタルサーバー
 -