macOS Sierra(シエラ)をクリーンインストールする方法(BOOTCAMPはそのまま)

   

IMG macossierra cl ins top 

macOS Sierraには早々にアップデートしていたのですが、色々バタバタしてましてクリーンインストールまではできていませんでした。

今回やっとできましたので記事に残しておきます。

一旦Macをまっさらな状態にして、OSを入れ直す方法です。

新しいOSが発表されるたびに自分はクリーンインストールをするようにしています。やはりこれをやると清々しい気分になります。

もちろんデータは全て消えますので、この方法を行う場合はバックアップを取るなどして必要なデータまで削除しないように気をつけましょう。

 

Sponsored Links

 

注意事項

この方法は一旦Macのデータを全て削除しますので、必ずバックアップをとってから行うことをおすすめします。

自分が実施し問題なかった方法で書いていますが、万が一障害などが起きたとしても当方では責任を負えませんのでご了承ください。

 

クリーンインストールの方法⇒まずはApp StoreからmacOS Sierraにアップデートし、Macの電源を切ります。

macOS Sierra

macOS Sierra (無料)
(2016.11.16時点)
posted with ポチレバ

まずは通常通りmacOS Sierraにアップデートします。 

これはMac内のデータはそのままでインストールされますので、データが消えるといったことはないはずです。

 

アップデートが終わったら、一旦Macをシステム終了させます。

IMG macossierra cl ins 00 

 

電源を入れますがここで、

command + R + 電源ボタン

を同時押しして電源を入れます。

 

下記のようにリンゴマークが表示されたら、キーから指を離します。

IMG macossierra cl ins 01 

 

macOSユーティリティという画面になるので、ここでMacのデータを削除⇒OSの再インストールを行います。

上記の方法で電源ONすると下記の画面になります。

ここでディスクユーティリティを選択します。>>

IMG macossierra cl ins 02

 

自分の場合はBOOCAMPでWindows10を入れていますので、【BOOTCAMP】の項目もあります。

今回は【Macintosh HD】の方のみいじります。

【Macintosh HD】を選択し、【消去】するのですが、マウントされていない場合は消去できません。

もし下記のようにマウントされていないようなら【マウント】をクリックし、パスワードを入力してマウントさせましょう。>>

IMG macossierra cl ins 03

IMG macossierra cl ins 04

 

これでマウントできました。

マウントされると薄い文字から濃い文字に変わります。

この状態で【消去】をクリックします。>>

IMG macossierra cl ins 05

 

【消去】をクリック。>>

IMG macossierra cl ins 06

 

これでMacのデータ削除が完了>>

IMG macossierra cl ins 07

 

データがまっさらになったことがわかります。>>

IMG macossierra cl ins 08

 

BOOTCAMP(Windows10)側はデータがそのままとなっています。>>

IMG macossierra cl ins 09

 

ディスクユーティリティを終了し、前の画面に戻ります。>>

IMG macossierra cl ins 10

 

ここからmacOS Sierraをインストールします。(インターネット環境が必要)

macOSユーティリティの画面に戻ったら、今度は【macOSを再インストール】を選択します。>>

IMG macossierra cl ins 11

 

ここからはインターネット環境が必要になりますので、接続しておきます。>>

接続できたら、【続ける】をクリックします。

IMG macossierra cl ins 12

IMG macossierra cl ins 13

 

規約に同意します。>>

IMG macossierra cl ins 14

 

インストールするディスクを選択し、【インストール】をクリックします。>>

IMG macossierra cl ins 15

 

インストールが始まります。>>

ここからけっこう待ちます。

IMG macossierra cl ins 16

 

この画面になったらもう少しです。>>

IMG macossierra cl ins 17

 

「ようこそ」という画面になったらいくつか初期設定をして完了です。

国を選択します。>>

【日本】を選択。

IMG macossierra cl ins 18

 

キーボードの配列を選択します。>>

自分はUSキーなので、【U.S.】を選択。

IMG macossierra cl ins 19

 

インターネットに接続します。>>

IMG macossierra cl ins 20

 

Macに情報を転送するかの選択画面です。>>

ここでTime Machineなどからデータを転送してしまうと、せっかくクリーンインストール中なのに前のデータを丸ごと持ってきてしまうので、ここは【今は情報を転送しない】を選択します。

IMG macossierra cl ins 21

 

位置情報サービスについてです。>>

ここでは有効にするを選択します。

IMG macossierra cl ins 22

 

Apple IDでサインインします。>>

IMG macossierra cl ins 23

 

規約に同意します。>>

IMG macossierra cl ins 24

 

PCのアカウントを作成します。>>

IMG macossierra cl ins 25

 

iCloudキーチェーンの設定です。>>

あとで設定することも可能です。

IMG macossierra cl ins 26 

 

自分はいつも【iCloudセキュリティコードを使用】を選択しています。>>

IMG macossierra cl ins 27

 

自分で設定している4桁の数字を入力します。>>

IMG macossierra cl ins 28

 

そうすると自分のiPhoneにセキュリティコードが送信されますので、

それを入力します。>>

IMG macossierra cl ins 29

 

MacのファイルをiCloudに保存するかの設定です。>>

IMG macossierra cl ins 30

 

診断と使用状況についての選択です。>>

IMG macossierra cl ins 31

 

Siriを有効にするかの設定です。>>

IMG macossierra cl ins 32

 

もうこれで初期設定は完了です。>>

IMG macossierra cl ins 33

 

これでクリーンインストールは完了です。

あとは取っておいたバックアップから必要なデータを移したり、

必要なアプリをインストールしたり、

自分用の設定(キーボードやらマウスやらショートカットなど)にすればOKです。

IMG macossierra cl ins 34

 

まとめ

やはりクリーンインストールをすると、ゴミデータが一掃されるので気分よく仕事ができます。むしろMacの外見までキレイになった気がします。

あとはクリーンインストールを行うことで必要なアプリ、データしか入れないようになるのでMacの断捨離にもなります。

使わないけどなんとなくMacに入れたままのアプリなどある場合は、大抵この時に消えます。また必要になったらインストールすればいい話ですし。

 

ただデメリットとしては正直面倒な部分が多いです。

時間もアプリの入れ直しやバックアップからのデータ復元でかなりかかります。

自分としてはその時間をとってもやった方がいいことだとは思っています。

PC初心者にはあまりオススメできませんが、。

 

とりあえず今回も無事に完了しました。

ぜひ参考になれば幸いです。

macOS Sierra

macOS Sierra (無料)
(2016.11.16時点)
posted with ポチレバ

 

Sponsored Links

 

 - Mac使いこなし情報
 -