【HandBrake 小技】なるべく高画質でファイルを生成する方法

   

161108 handbrake high top

DVDや映像ファイルの変換を行うリッピングソフト「HandBrake」の小技です。

僕はこのHandBrakeについてはかなり重宝してまして、

いろんな場面で使っています。

今回はなるべく高画質でファイルを生成する方法になります。

 

Sponsored Links

 

【HandBrake】なるべく高画質で映像ファイルを生成する方法

161108 handbrake high 01

基本的に【Toggle Presets】内の「High Profile」を選択すればけっこう高画質になります。

【Encoder Options】の部分が画質に関わる部分です。

 

【Toggle Presets】拡大>>

161108 handbrake high 02

他のプリセットでデバイス別に最適化されたものがありますが、画質が「High Profile」より落ちたりすることがあります。

自分で手動でカスタマイズできるのであればいいのですが、

よくわからないのであれば、とりあえず「High Profile」を選んでおくと楽です。

 

【Encoder Options】拡大>>

161108 handbrake high 03

この部分の【Profile】の項目が「high」が高画質ということになります。

他に「auto」「main」「baseline」とあり、「high」が一番高画質の設定です。

 

まとめ

まー専門用語など出て来てしまいましたが、左上の「Start」をクリックする前に「High Profile」を選択すれば割と高画質な映像ファイルを生成してくれます。

 

Sponsored Links

 - HandBrake
 -