【OSX El Capitan】OSXアップグレードしたら、[Command+スペース]のショートカット割当が変わってたので自分用に変更した件

      2016/03/21

OSX El Capitanをクリーンインストールして最初にあれ?っとなったのがこの部分でした。

いつも通り、【Command+スペース】を押したら、Spotlight検索が起動しました。

これを入力ソース切り替えのショートカットキーにする方法です。

 

Sponsored Links

 

OSX El Capitanに変更して、【Command+スペース】を押したらSpotlight検索が起動した

151002 osx shortcutkey input source 5

OSX Yosemiteで使っていた時に、割り当てを変更したのかは忘れてしまったのですが、【Command+スペース】を押したら、Spotlight検索が起動しました。

僕はSpotlight検索よりも、入力ソース変更(ひらがな⇔英字 切り替え)の方がよく使うので、ここは変更します。

 

キーボードのショートカットキーを変更する方法

まず、設定画面を開きます。

【キーボード】を選択>>

151002 osx shortcutkey input source 1

 

【ショートカット】タブを選択。

左側で【入力ソース】を選択。

すると、【Option+スペース】になっていることが分かります>>

151002 osx shortcutkey input source 2

 

ここを【Command+スペース】に変更>>

すると、Spotlight検索とかぶってしまうので、Spotlight検索の割り当ても変更します。

151002 osx shortcutkey input source 3

 

今回Spotlight検索は【Option+スペース】に変更しました>>

(確か、Yosemiteの時はこの設定だったはず。。)

151002 osx shortcutkey input source 4

 

これで設定は以上です。

一応、Macの再起動を行ってください。

151002 osx shortcutkey input source 8

 

これで、無事に【Command+スペース】で入力ソース切り替えができるようになりました。

151002 osx shortcutkey input source 7

 

まとめ

ショートカットキーは好みにもよると思いますので、自分用にカスタマイズすると、生産性も上がります。

今回は急に変わってしまい、違和感満載だったので自分用にしました。

ぜひ、参考になれば幸いです。 

  

Sponsored Links

 - Mac使いこなし情報
 -