【備忘録】TOSHIBA dynabook(東芝のノートPC)をリカバリする方法(リカバリディスク無し)

      2016/09/02

IMG_toshiba_pc_top_2.jpg

奥さんが使っているPCなのですが、諸事情でリカバリ(工場出荷状態に戻す)することになったので、メモ代わりに手順を残しておきます。

 

Sponsored Links

 

今回初期化したPC⇒TOSHIBA dynabook Satellite B351/W2CD

ずいぶん前にフレッツ光を契約した時にキャンペーンでもらったPCです。

特典のPCということもあり、スペックはかなり低めです。

IMG toshiba pc top


スペック詳細:

IMG toshiba pc spec

OS:Windows 7 Home Premium

CPU:Celeron B800 1.5GHz

メモリ:2GB

HDD:320GB 

 

リカバリの方法⇒まずはHDDを全削除します。

全ての機器(マウスなど)を外し、電源をオフにします。

キーボードの「0(ゼロ)」を押しながら電源を入れ、「dynabook」の表示が出たら手を離します。

すると、下記の画面になります。

「はい」をクリックし、次の画面に進みます。

IMG toshiba pc delete 1 

 

まずはHDD上の全データを削除してから復元しますので、先に「ハードディスクの全データを消去」を選択します。

IMG toshiba pc delete 2 

 

次に「標準データの消去」を選択します。

IMG toshiba pc delete 3 

 

注意事項が表示されますので、「次へ」をクリック。

IMG toshiba pc delete 4

 

消去が始まります。(PCの性能にもよると思いますが、このPCの場合は約1時間かかります。)

IMG toshiba pc delete 5

 

「終了」をクリック。

IMG toshiba pc delete 6

これでHDDの全データが削除されました。

この後自動的に電源は切れます。

【注意】次は復元の方法を載せています。復元の時にもHDDデータ消去の処理はされるようですが、この処理は念のため行っています。

 

HDD上の全データを削除したら、次は復元(工場出荷状態に戻す)します。

データ消去と同じように、キーボードの「0(ゼロ)」を押しながら電源オン、「dynabook」の表示が出たら手を離します。

「はい」をクリック。

IMG toshiba pc recovery 1 

 

「初期インストールソフトウェアの復元」を選択し、「次へ」をクリック。

IMG toshiba pc recovery 2

 

「ご購入時の状態に復元」を選択し、「次へ」クリック。

IMG toshiba pc recovery 3

 

「次へ」をクリックします。

IMG toshiba pc recovery 4 

 

リカバリ中。。(約20分くらい)

IMG toshiba pc recovery 5

 

次にCRCファイルを作成しています。となります。これは10分くらい。

IMG toshiba pc recovery 6

 

この画面になればもう少しで完了です。

IMG toshiba pc recovery 7

 

「国」と「時刻と通貨の形式」、「キーボードレイアウト」を選択し、「次へ」をクリック。

IMG toshiba pc recovery 8

 

あとは何度か再起動を繰り返し、リカバリが完了します。

IMG toshiba pc recovery 9

 

何度か再起動を繰り返し、リカバリ完了です。

下記がリカバリ完了直後の画面スクショです。

国産PCだと広告系ソフトが大量にあって邪魔なんですよね。。僕の場合これらはほとんどアンインストールします。

PCrecovery desktop

 

セキュリティソフトとWindows Updateは忘れずに行っておきましょう。

工場出荷状態(4年前?)に戻しましたので、アップデートは172個。。全て完了するのにけっこう時間かかりました。

PCrecovery desktop 3

 

PCは丸裸では危険なので、セキュリティソフトは必ずインストールするようにしましょう。

無料のものもたくさんありますが、せめて無料、広告なしでMicrosoftから公式に出されている、Windows Security Essentialsだけでも入れておくことをおすすめします。

Microsoft Security Essentials - Microsoft Windows

  

まとめ

これでリカバリの方法は以上です。

おそらくTOSHIBAメーカーのPCであればほぼこの方法で可能ではないかと思います。(今回リカバリしたPCはけっこう古いタイプなので最新のものはもしかしたら違うかもしれませんが。)

今回書いているのは、TOSHIBAの【dynabook Satellite B351/W2CD】という機種になります。

別の機種では同じようにやってもリカバリできない場合がありますので、注意してください。 

 

このPCの今後はスペックがかなり低いので、これからも使うかどうかは微妙。。

メモリのスロットが1つ空いているので、メモリを4GBに増設して使おうか検討中です。(そもそもCPUがCeleronだから微妙かな〜)

データを削除して、PCを譲る場合などに参考になれば幸いです。

 

Sponsored Links

 

 - PCリカバリ, 備忘録
 -