【ボイスメモ 備忘録】iPhoneのボイスメモで録音したデータをミュージックアプリに入れる方法

      2016/03/21

iPhoneではボイスメモという録音アプリがあります。

ボイスメモで録音をすると、特にデータ名を変更しなければ「新規録音」や「新規録音2」という名称でボイスメモ内に保存されます。が、このボイスメモのデータをミュージックアプリに移す方法を書きます。

 

Sponsored Links

 

ボイスメモアプリ上ではアプリを開いた状態でしか再生できない⇒ミュージックアプリのように別のアプリを操作中でも再生できるようにしたい

この点がボイスメモアプリで僕が気になっているところでした。

なので、MacでiTunesを起動し、iPhoneと同期すればミュージックアプリにボイスメモのデータが入ると思っていましたが、一手間加えないとミュージックアプリにデータを移せませんでした。

 

まず、iTunes上でiPhoneを接続し、iPhoneの設定画面を開きます。

【ミュージック】を選択し、【ボイスメモを含める】にチェックを入れます。

これでiPhoneを同期した時に、Macにもボイスメモが保存されるようになります。(プレイリストにボイスメモが追加されます。)

Img voice memo itunes setting 1 

 

実際、この状態で同期をすると、Mac側のプレイリストにもボイスメモが追加されて、「新規録音1」が追加されました。

これはiPhoneの設定画面>>

Img voice memo itunes setting 2 

 

Mac側のプレイリスト画面>>

Img voice memo itunes setting 3

 

注意したいのは、この【ボイスメモ フォルダ】はボイスメモアプリ専用のフォルダになります。

この状態のまま同期をしたとしても、ミュージックアプリでは聴くことができません。

iTunesの仕様だと思いますが、このフォルダはボイスメモアプリ専用のフォルダとなっていて、同期をしてもボイスメモアプリのデータと同期をするので、ミュージックアプリとは別物として扱われます。

なので同期をしてもiPhoneのミュージックアプリ内にはボイスメモというプレイリストは作成されません。

(もちろんこのフォルダに通常のCDの音源データを入れても、同期されません。ボイスメモデータでもないので、ボイスメモアプリにも入りません。)

Img voice memo itunes setting 7

 

一旦iTunesからFinderにコピーし、そこからまたiTunesに追加してやるとミュージックとして認識し、ミュージックアプリに同期可能になります。

言葉だと分かりづらいので、スクショを織り交ぜながら。

まずはiTunesからFinderにコピーします。(ドラッグ&ドロップで可能)

Img voice memo itunes setting 4

 

ファイル名が変わり、Finder上にコピーできました。(ファイル名が変わりますが、同じファイルです。)

Img voice memo itunes setting 5

 

Img voice memo itunes setting 6

 

このファイルをまたiTunesに読み込ませます。

(【ミュージック>>iTunes>>iTunes Media>>iTunesに自動的に追加】 のフォルダにコピペします。)

Img voice memo itunes setting 9

 

すると、iTunesが起動していれば自動的に読み込みます。

今回は分かりやすく「ボイスメモ(テスト用)」フォルダを作成し、そこに入れました。

項目名は分かりやすく変えるといいでしょう。

Img voice memo itunes setting 10

 

この状態でiPhoneと同期させると、ミュージックアプリに「ボイスメモ(テスト用)」プレイリストが作成され、ボイスメモが同期できます。

Img voice memo itunes setting 11

 

同期後のiPhoneミュージックアプリのプレイリスト>>

ボイスメモ用のプレイリストが作成されています。

Img voice memo itunes setting 8

 

まとめ

これでボイスメモをミュージックアプリに同期させる方法は以上です。

スクショが少し多くなってしまいましたが、実際やることは簡単です。

おそらくボイスメモの項目としてiTunesに保存されていたものが、Finderにコピーすることにより、自動的にフォーマットが書き換わるんだと思われます。

もちろんiPhone単体ではこの作業はできませんので、注意。

是非、参考になれば幸いです。

 

Sponsored Links

 - iPhone使いこなし情報, Mac使いこなし情報
 -