iOS 8.1がリリース⇒iPhone単独でアップデートするには2.2GBの空き容量が必要です

      2016/03/21

今日の朝方、iOS 8.1がリリースされました。

僕が持っているのはiPhone 5Sなので、これから書くことは全てiPhone 5Sの場合です。他の端末の場合は若干異なる部分があるかもしれません。

 

Sponsored Links

 

 

iOS 8.1がリリース

iPhone単独でアップデートを行う場合、2.2GBの空き容量が必要です。

IMG ios8 1 update 1

 

詳しい情報

下記は情報の一部です。

IMG ios8 1 update 2

 

 

写真アプリでカメラロールが復活しました

iOS 8.0.2の時の写真アプリ>

IMG ios8 0 2 photo

 

iOS 8.1の時の写真アプリ>

カメラロールが復活しています。

IMG ios8 1 photo

 

 

ちなみに、iTunes経由でアップデートする場合

1.95GBのファイルをダウンロードし、アップデートされます。

iTunes経由の場合、空き容量はそれほどなくてもアップデート可能です。

Img ios8 1 update itunes 1

 

iPhone単独では、2.2GBの空き容量が必要でしたが、上記スクショを見ても分かるように、空き容量が1.25GBでもアップデートできます。

Img ios8 1 update itunes 2

 

 

 

まとめ

※この記事はiPhone 5Sで検証しています。

 

カメラロールがなぜ復活したのかは不明ですが、一旦消えて復活するくらいなので、おそらくかなり不評だったのかもしれませんね。

今回は写真アプリについてのみ触れましたが、今後わかったことがあれば順次記事にしていきます。

 

また、補足でiTunesでのアップデートについてスクショを載せましたが、僕は毎回iOSのアップデートはiTunes経由で行っています。

僕が持っているiPhone 5Sの容量は16GBなので写真などが増えてくると、空き容量はすぐになくなってきます。なので、今回のように2GB以上空き容量が必要となると、当然厳しくなります。

ですが、iTunes経由であれば、そこまで空き容量は必要なくなります。いちいち空き容量を増やす手間が省けます。(64GBなどのiPhoneであれば問題ないと思いますが。)

あとはiTunes経由でアップデートした方が、時間短縮になる(気がする)からです。

 

以上です。参考になれば幸いです。

 

Sponsored Links

 - iPhoneニュース
 -