iPhone[iOS7]の電池の節約のための設定⇒12項目

      2016/03/21

IMG 0449 

自分にとってiPhoneは必需品です。

iOS7になって電池のへりが早くなったと感じている人も多いはず。

自分もそう思います。

 

突然iPhoneの電池切れ!という風な事態をさけるため、

今回はiPhoneの電池の節約方法を書きたいと思います。 

 

 

Sponsored Links

 

 

 

はじめに

 

電池を節約する方法を書いたサイトはたくさんありますが、

今回は自分が試して、効果があったものだけ載せます。

全部で12項目ありますので、参考になれば幸いです。

 

最後のまとめでも書きますが、これをやったからといって電池の持ちが劇的によくなるという保証はありませんので、あしからず。

先に言いますが、外部バッテリーを持ち歩いた方が確実です。

 

iPhoneの充電器と外部バッテリーは必須だと思います。

以前は高かった外部バッテリーも今ではだいぶ安くなっていますので、この外部バッテリーも参考になればと思います。

ちなみにこれはこの容量で3280円なので格安です!

 

 

 

今では激安のケーブルもあります

自分も試しに使っていますが、同期も問題なくできますので、おすすめです。

これは198円で購入できます。

 

 

このケーブルについてのエントリーもありますので、参考になればと思います。

Amazonでよく目につく激安lightningケーブルはどうなのか?

 

 

 

画面の明るさ自動調節オフ

 

設定⇒壁紙/明るさ

明るさの自動調節をオフにします。

iPhoneには明るさを感知するセンサーがついていて、その場の明るさに応じて自動調節する機能がついています。

この機能をオフにすることで、自動的に画面が明るくなるのを防ぐことができます。

 

IMG 0478

 

 

コントロールセンターからも明るさの調節は可能です。

 

IMG 0464

 

 

 

Wi-Fi自動接続のオフ

 

設定⇒Wi-Fi

接続の確認をオフにします。

これをオフにしないと、3Gや4Gで接続している場合常にWiFiがないか探しまわっていることになり電池の消耗が早くなります。

 

IMG 0465

 

 

WiFiはまったく使わないという方はWiFi自体をオフにしても電池の節約になります。

コントロールセンターからでもWiFiのオンオフ切り替えが可能です。

 

IMG 0464

 

 

 

Bluetoothのオフ

 

設定⇒Bluetooth

 

IMG 0466

 

 

 

 

Appのバックグラウンド更新オフ

 

設定⇒一般⇒Appのバックグラウンド更新

この機能はiPhoneのアプリを起動していなくとも、バックグラウンドで情報を更新してくれる機能です。

これをオフにすると電池の節約になります。

全体をオフにしてもいいし、

必要なアプリだけ、オンにしてもいいと思います。

 

IMG 0467

 

 

すべてオフにした状態がこれ。

 

IMG 0468

 

 

 

メールのプッシュ受信オフ

 

設定⇒メール/連絡先/カレンダー⇒データの取得方法

プッシュをオフにすることで、自動でメールを受信できなくします。

この機能をオフにすると、いつメールが届いたか分からなくなりますが、電池の節約になります。

現在ではLINEを使う人が爆発的に増えています。

LINEしか使わないという人も多いと思うので、メールを使わない人にはおすすめです。

 

IMG 0470

 

 

 

位置情報提供は必要なアプリだけにする

 

設定⇒プライバシー⇒位置情報サービス

デフォルトではアプリを起動すると、GPS機能が作動し位置情報を取得しようとします。

これを必要なアプリだけオンにしておけば、位置情報不要なアプリでは位置情報を取得しなくなりますので、電池の節約になります。

 

IMG 0472

 

 

 

視差効果オフ

 

設定⇒一般⇒アクセシビリティ

iOS7にアップデートされて、画面の動きがダイナミックになりました。

ただ当たり前ですが、その動作で電池の消耗が激しくなっています。

そのダイナミックな動きをしないようにするのが、この視差効果です。

これをオフにすると、ダイナミックな動きがなくなる代わりに電池の節約になります。

 

IMG 0479

 

 

これをオンにします。

 

IMG 0481

 

 

 

壁紙を静止画像にする

 

設定⇒壁紙/明るさ⇒壁紙を選択

こちらもiOS7になって壁紙が動くようになりました。

これを静止画像にすることで、電池の節約になります。

 

IMG 0474

 

 

 

Siriオフ

 

設定⇒一般⇒Siri

Siriを使わないという方はオフにするといいでしょう。

 

IMG 0475

 

 

 

緊急速報をオフ

 

設定⇒通知センター

この画面の一番下にある、緊急速報をオフにすると電池の節約になります。

 

IMG 0476

 

 

 

自動ロックの時間を短くする

 

設定⇒一般⇒自動ロック

自動ロックの時間を短くすることで電池の節約になります。

自動ロックは「1分〜5分」と「しない」から選択できます。

「しない」にしてしまうと電池は2時間ともたなくなってしまうので注意。

 

IMG 0469

 

 

 

ロック時の音、キーボードのクリック音をオフ

 

設定⇒サウンド 

ロック時の音、キーボードのクリック音をオフにすると電池の節約になります。

 

IMG 0477

 

 

 

まとめ

 

以上、iPhoneの電池を節約するための12項目でした。

ただ、これを全部やってしまうとものすごく味気ないiPhoneになってしまいます(笑)

せっかくの機能をオフにしているのですから当然です。

 

自分の場合はiPhoneの動作は最大限に生かしたいという派なので、基本的に全ての機能はオンのままにしています。

例えば、Appのバックグラウンド更新の機能はAppを起動中でなくとも更新してくれるわけなので、

TwitterやFacebookはもちろんバックグラウンドで更新してくれます。

そうすると、起動時にはすぐに最新の記事をみることができます。

ですが、この機能をオフにしているとアプリを起動してから更新するので、最新の記事を見るのに時間がかかってしまいます。

 

なので、全てをオフにするのは自分はあまりおすすめではありません。

自分で試してみて、必要な機能はオンにし、不要な機能はオフにすると自分に合ったiPhoneができあがると思います。

 

とは言っても、やはり自分の場合も電池は1日持ちません(笑)

そういう場合は外部バッテリーに頼るしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Links

 

 

 

 

 - iPhone使いこなし情報, モバイルルータ
 -